協会概要

会長挨拶Greeting

会長挨拶
会長 下地米蔵

沖建協ホームページにアクセスいただき有難うございます。

一般社団法人沖縄県建設業協会は、1949年(昭和24年)に戦災復興と郷土の社会資本整備を目的に創立されました。「昭和」、「平成」の激動の時代を乗り越え、新たな元号「令和」元年に創立70周年を迎えることを、感慨深く大変喜ばしく思います。
これも偏に、先人たちのご努力と地域皆様のお支えの賜であり、深く感謝申し上げます。本県の建設産業は、地域経済・雇用を支える基幹産業であり、自然災害時に迅速に対応し、早期の応急復旧により、県民の安全・安心を守る重要な役割を担っております。
新たな「令和」の時代と共に、これからの建設産業は、建設企業自ら「生産性の向上」、「働き方改革」を推進し、若者が夢を持って働ける「魅力ある建設産業」の構築に努めるとともに、地域を守り、安全で安心できる「自然災害に強い社会資本整備・郷土づくり」の担い手として、社会的責務を果たすことをめざしていかなくてはなりません。
これからも地域に根差し、郷土の発展に貢献できるよう努めて参りたいと考えております。
本会ホームページは平成13年に開設致しましたが、70周年を迎えた令和元年に、ホームページをリニューアル致しました。
会員や関係機関はもちろんのこと、一般県民皆様にも建設業の魅力・情報を分かりやすく提供し、内容の充実に努めてまいりますので、皆様の本会事業へのご支援・ご理解を賜わりますようお願い申し上げ、ご挨拶と致します。

令和元年8月

協会概要About Us

昭和24年 5月
「沖縄土木建築請負業組合」設立
昭和30年10月
「琉球建設業協会」へ改称
昭和38年 8月
「社団法人琉球建設業協会」へ組織変更
昭和47年 5月
「社団法人沖縄県建設業協会」へ改称
平成25年 4月
「一般社団法人沖縄県建設業協会」へ改称
事務所所在地
沖縄県浦添市牧港五丁目6番8号
目的
本会は、会員の親睦連絡を図り、かつ、建設業を技術的、経済的及び社会的に向上させることにより、もって公共の福祉を増進させる事を目的としています。
会員
会員は、建設業法に定める許可を有する者で、現在352(H29.4.1月現在)社が加盟しています。 支部別の会員数はこちらからご覧いただけます。
組織図
組織図

役員一覧Executive list

役員一覧

事業計画Business plan

常設委員会Standing Committee

■総務委員会
1.協会組織に関する事項  2.協会運営及び予算、会費基準に関する事項  3.会費の業態並びに経営の実態調査に関する事項  4.沖建協表彰、全建表彰等に関する事項  5.協会の広報に関する事項
■総合企画委員会
1.協会の事業企画に関する事項  2.入札・契約制度等に関する事項  3.建設業に関する関係法令、諸制度に関する事項  4.経営の進歩改善及び経営の合理化に関する事項
■建設委員会
1.工事の積算、歩掛・単価に関する事項  2.工法技術の進歩改善並びに施工の合理化に関する事項  3.建設資材に関する事項  4.現場研修会、現場見学会の開催に関する事項  5.建設廃棄物の適正処理、環境問題等に関する事項
■労務対策委員会
1.労働関係法令、諸制度の普及徹底に関する事項  2.労働者の福利厚生、雇用改善に関する事項  3.労働者の賃金並びに需給に関する事項  4.労働者の職業訓練に関する事項  5.労働者の災害防止対策に関する事項
■支部長会
1.支部の運営に関する事項  2.会員の指導に関する事項  3.会員からの要望等の収集  4.会員への情報提供、伝達事項等に関する事項  5.支部間の情報交換

支部事務局Branch office

支部事務局

支部組織別会員数Membership

支部組織別会員数

青年部会概要Outline of the youth club

●部会長挨拶

沖縄県建設業協会 青年部会ホームページにアクセス下さいましてありがとうございいます。沖縄県建設業協会 青年部会は、会員企業の経営者、経営幹部候補者(年齢満50歳未満)で構成されています。
本部会は、各専門委員会を中心に活発な事業活動を展開しております。
「広報委員会」においては、「フォトコンテスト」や「献血キャンペーン」を開催して、建設業に対する理解とイメージアップを図って参りました。
「事業委員会」においては「沖縄総合事務局開発建設部」と「沖縄県土木建築部」並びに「県外青年部会」との意見交換会等を実施して「業界のイメージアップの方策」や「総合評価方式」における問題点等について活発な意見を交わして参りました。
会員や関係機関はもちろんのこと、一般県民皆様 にも建設業の魅カ ・ 情報を分かりやすく提供し、内容の充実に努めて参りますので、皆様の本会事業へのご支援・ご理解を賜わりますようお願い申し上げ、ご挨拶と致します。


●青年部概要

代表者部会長  黒島 一洋
会員数62名(令和元年6月11日現在)
役 員役員名簿 (平成30・31年度)
目 的本会は、一般社団法人沖縄県建設業協会の後継者育成事業を基調 として設置し、次代を担う経営者が相互の連帯を深め、経営の近代化と技術の向上のために協会と協調して積極的な調査研究と情報交換、並びに研鑚を重ねると共に青年の持つ創造豊かな思考力と行動力をもって、建設業の健全な発展に寄与することを目的としています。
会員資格協会会員の代表者、役員及び中堅幹部等

●平成31年度事業計画

平成31年度沖縄振興予算案は総額3,010億円と前年と同額となり、公共関係事業費においても1,420億円(前年度同額)が確保され、道路や港湾、空港等の社会資本整備とともに災害に強い県土づくりの実施等で前年同様に推移することが見込まれている。その中で、国土交通省においては、将来の労働者不足を想定した「働き方改革」「生産性の向上」に向けた取組みが進められており、沖縄総合事務局、沖縄県においても「週休二日制工事」「ICT活用工事」が試行導入され、今後、更に拡大することが予想されている。
その中で、本部会においては「フォトコンテスト」や「献血キャンペーン」等の事業を更に推進し業界に対するイメージアップを図っていくこととする。
又、昨年度より再加入した九州建設青年会議においては、今年度、全国大会の主管が九州ブロックとなっており、大会成功に向けて九州各県と連携を図り取り組んでいく必要がある。
そこで「事業委員会」「研修委員会」「広報委員会」の3委員会で事業活動を実施して、会員全体が事業内容を把握出来るような組織体制を作り会員がメリットを実感できるよう取り組むと同時に加入促進に努めていく必要がある。
このため、本部会の会員相互の「融和」と「結束」、「行動力」を持って、役員会、専門委員会を中心に、平成31年度は、以下の事業に積極的に取り組んでいくこととする。


事業計画

  • 協会の諸施策に対して積極的に協力対応する
  • 組織の拡充強化と会員の加入促進を積極的に推進する(平成31年度目標10名)
  • 関係発注機関や関係団体との意見交換会の実施する
  • 人材確保・育成に関する事業を実施する
  • 九州建設青年会議・県外視察研修会に関連する事業を実施する
  • 建設業の経営及び技術の研鑚のための講習会・講演会を開催する
  • 会員の資質の向上と相互に親睦を深めるための行事(懇親会等)を開催する
  • 業界のイメージアップ【フォトコンテスト】【献血キャンペーン】事業を実施する

上記事業の実施については、各委員会で分担して内容等を検討し、役員会の承認を得て事業を実施する。
上記事業を達成するため、役員会及び各委員会を随時開会する。

青年部会 活動状況Activity status

青年部入会申請書Membership application form

一般社団法人沖縄県建設業協会


所在地
〒901-2131 沖縄県浦添市牧港5-6-8
TEL
098-876-5211
FAX
098-870-4565
Mail
沖縄県建設業協会メールアドレス